世田谷区・明大前の家族葬なら葬儀社 光明葬祭- 安心葬儀の事前相談・事後相談を24時間受付中!

世田谷区・明大前の家族葬なら葬儀社 光明葬祭- 安心葬儀の事前相談・事後相談を24時間受付中!
世田谷区・明大前の家族葬なら葬儀社 光明葬祭HOME

企業理念

会社概要

お問合せフォーム


葬儀の流れ

葬儀の流れ


葬儀の挨拶

喪主様のご挨拶例

会葬者の挨拶例

お悔みの言葉


会葬者の挨拶例 世田谷区・明大前の家族葬なら葬儀社 光明葬祭- 安心葬儀の事前相談・事後相談を24時間受付中!
会葬者の挨拶例


香奠を出すとき
(例1)形ばかりでございますが、どうぞご霊前にお供え下さい。
(例2)この度はご愁傷さまでございます。仏さまへの供養としてどうかご霊前へお供え下さい。
※キリスト式の場合にも、ご霊前という言葉を用いますが、祭壇に供えることはしませんので、花を捧げるという意味で、「故人を偲び、御花料をお納めください。」などと言います。
通夜を退席するとき
(例1)今晩はこれで失礼させていただきます。
(例2)明日のご葬儀に参列させていただきますので、このへんで失礼させていただきます。
(例3)今晩はこれでおいとまさせていただきます。どうかお疲れになりませんように。
葬儀に出席出来ない場合の断わり
(例1)やむを得ない事情がありまして、告別式には参列できませんが、どうぞお許し下さい。
(例2)仕事の都合で告別式には失礼させていただきます。
(例3)明日の告別式には残念ですが参列できませんので、今晩伺わせていただきました。
※出席を断る場合「結婚式に出席します」など、慶事のことには触れないようにします。
電話での挨拶
(例1)知らないこととはいいながら、お悔やみが遅れまして、お許し下さい。
(例2)お葬式の日は出張中で参列することができませんでした。遅ればせながら、お悔やみを申し上げます。
※知人や友人が亡くなったことを遅れて知ったときには、すぐにお悔やみの電話を入れるか、お悔やみ状を出しておきたいものです。

安心葬儀の事前相談・事後相談を24時間受付中!

仏壇・位牌・お花の手配、随時受け付けております。

一度提示したお見積り以上の料金は、絶対に請求いたしません。

お見積り、ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。

光明葬祭
東京都世田谷区松原1-42-11
電話:03-3327-1913 FAX:03-3327-1925
対応エリア:東京都全域(東京23区、多摩地区)
埼玉県、神奈川県、千葉県の一部地域


copyright(C) 世田谷区・明大前の家族葬なら葬儀社 光明葬祭 All Rights Reserved.